マイカーローン審査と種類!消費者金融、銀行機関どれがいい?

 

マイカーローン審査と種類!消費者金融、銀行機関どれがいい?

マイカーローンは、高額の車を買いたい時などに役に立つ金融商品の一つです。

 

今までは車を購入するディーラーでローンを組むのが主流でしたが、最近はマイカーローンの種類も増えています。

 

マイカーローンが利用できる金融会社も多く、銀行や信用金庫以外にも、消費者金融などのノンバンクからも使えます。

 

マイカーローンの用途も多様化しており、車を新しく買う時以外にも、車検や車の修理に必要な経費や免許の取得費用もローンが組めます。

 

金利は変動制と固定制の2パターンがあり、一般的なカードローンよりも低い金利です。

 

基本的には自動車本体のみが借入金額の対象ですが、銀行のマイカーローンの場には免許取得や車検の費用に使えることもあります。

 

収入が不安定な人はローンの審査は通過できません。

 

また、20歳を超えていることが条件に含まれています。

 

マイカーローンを組むときに必要な書類は、年収を証明するもの、住民票、自動車の購入を証明できる書類、本人確認書類です。

 

マイカーローンは、申し込みの手続きがいくぶん手間取るものです。

 

購入時から所有者名を自分にすることができますが、審査の結果が出るまでしばらくかかります。

 

マイカーローンは、低い金利で融資を受けたいという人におすすめですので、もしも車を買い求める機会があれば利用してみるといいでしょう。

 

マイカーローンの種類

マイカーローン審査と種類!消費者金融、銀行機関どれがいい?

車を買う時に、マイカーローンを使うという人は珍しくなく、扱う金融機関もふえています。

 

実際にマイカーローンを組むにあたってどんなふうに自分に合ったものを選んだら良いのでしょうか。

 

マイカーローンを取り扱っている金融機関は様々ですが、どこから借りるのかは意外と重要になります。

 

貸付条件は、金融会社によって千差万別といってもいいでしょう。

 

以前は、販売店が仲介してマイカーローンを利用するというパターンが大半でしたが、最近は銀行からのマイカーローンなども人気があります。

 

ディーラーローンは自動車を購入したディーラーが提携しているクレジット会社でローンを組む方法です。

 

手続きが簡単で、審査のハードルは低めですが、金利が高い傾向があると言われています。

 

銀行や信用金庫のマイカーローンは金利が安いのが大きなメリットです。

 

銀行のマイカーローンは審査が厳しめなので、人によっては断られてしまうかもしれません。

 

手数料や保証料がついて、審査も1週間と時間がかかりますが、JAのマイカーローンも金利が低くて使いやすいといいます。

 

車そのものの値下げはそれほどないけれど、低い金利でマイカーローンを利用できるという販売スタイルとして、低金利ショップがあります。

 

マイカーローンにはさまざまな種類があるので自分の条件や目的に合ったものをよく考えて選ぶことをおすすめします。

 

自動車ローン、マイカーローンは即日融資できません 今すぐお金が必要なら大手消費者金融

 

→ アコムカードローン

 

→ アイフルカードローン

 

→ プロミスカードローン

 

→ SMBCモビットカードローン

 

マイカーローンの審査とキャッシングの返済

 

マイカーローン審査と種類!消費者金融、銀行機関どれがいい?

車を買う時にはローンを組む人が多いですが、マイカーローンは車を買う人のためのローンです。

 

マイカーローンを利用する場合には、ローンの審査に通らなければなりません。

 

金融会社は、マイカーローンの条件に達しているかを確認します。

 

マイカーローンの審査では、高金利のものほど通り抜けやすくなります。

 

同様に、借り入れ希望額が大きいと審査は難しくなります。

 

マイカーローンを利用する場合には、借り入れをしたい金額が審査基準にあてはまるかどうかチェックしておきましょう。

 

審査の内容は金融会社によってバラバラなので、決まった水準はありません。

 

20歳以上であること、安定して継続した収入があること、他の無担保借入との合計金額が年収の50%以内であること、年間返済額が年収の40%以内であることなどがあげられます。

 

希望がかなってローンを利用することができれば、完済まで毎月きちんと返していきましょう。

 

全額返済するまでスムーズに支払いができるように、マイカーローンを利用する時には返済計画をつくっておくことが大事です。

 

頑張って車を買ったのに、ローンの支払いが行き詰まって、買った車を返さざるをえないということもあります。

 

後から困ることの無いように返済可能かどうかよく見極めてマイカーローンを組むようにしましょう。

 

 

マイカーローンの在籍確認は 勤務先に電話来る?

 

マイカーローンは自動車を購入する際に利用できるローンですが、お金を借りる場合と違い基本的に在籍確認についてはあまり意識はされないことが多いものです。

 

そのため、できるだけ良い車を購入したいと転職したばかりの人などは過去に在籍した会社の名前を勤務先に記載してしまうこともあるようですが、実際にはほとんどの場合在籍確認は行われているので注意が必要です。

 

 

マイカーローンを利用する場合には、通常購入する自動車の見積書を提出するとともに、通常お金を借りる場合と同様身分証明書や勤務先の収入証明等が必要になることが少なくありません。まだ会社によっては信用調査が行われる場合もあるので、この点についても十分な認識が必要です。

 

 

一般的に在籍確認はカードローンや消費者金融からお金を借りる場合に行われるものと言う認識が強いのですが、一般のローンやクレジット等においても在籍確認は行われることが多いものです。

 

通常は勤務先に電話をかけ、在籍を確認するだけなので、最近では個人名を使って電話をしたり、友人を装って電話をしてくれることも多いので特に気にすることはありません。

 

またそれでも勤務先の人に知られたくないと言う場合にはあらかじめ時間を決めて自らが出られるような時間帯に電話をかけてもらうことも可能になります。その場合にはしっかりと事前に申し出ることが重要です。

 

 

しかしごくまれに勤務先に電話が来ないと言うケースもあります。これは基本的に書類などで在籍が確認できるケースで、例えば給与明細等を提出した場合直近の給与明細に会社名の記載があったりする場合には勤務先に連絡が来ないことも少なくありません。

 

これは給与明細の発行日が直近であり、またしっかりと社名が印刷されたものである場合などはそれぞれの金融機関の審査基準により、職場に電話をしなくても在籍確認に代わるものとして認められているケースがあるためです。

 

この基準はこの基準が金融機関によってそれぞれ異なるため、利用する金融機関によっては社名のある直近の給与明細を提出しても電話での在籍確認が行われることがあるので注意が必要です。

 

 

また、保証人としてそれなりの収入がありその金融機関と取引のある人を指名した場合であっても、在籍確認が行われないことがあります。

 

これは保証人の信用度が非常に高いと評価されるためで、これらの基準も金融機関によって異なるので注意が必要です。

 

 

マイカーローンを利用する際には、審査の方法として様々な要素があります。

 

銀行などの場合には過去の取引状況や現在の預金高なども重要な審査の基準となるため、例えば過去にその金融機関のローンを利用し完済している場合などは審査の上で非常に有利になることが少なくありません。

 

特に住宅ローン等の場合にはローンの返済が残っている場合であっても長期にわたり返済が滞りなく行われていることでその信用度が非常に高いため、審査もスムーズに進むことが多いのです。

 

この場合にはローンの契約が継続しており金融機関側も本人の勤務先や収入状況などを把握していることが多いので、これに基づいて審査を行い、在籍確認等が行われずにスムーズに進むことが少なくありません。

 

これらは全て金融機関の独自の基準に基づいて審査が行われていることによるものであり、

 

どれの金融機関によりその次淳が異なるので一概にどの場合に在籍確認が行われないかと言うことは明確にはなっていないものですが、その金融機関との取引があると審査の上で有利になり、在籍確認もあまり行われない可能性が高くなっています。

 

最近ではマイカーローンは様々な金融機関で取り扱われていますが、その金融機関の種類によっても審査の通りやすさや行われる内容が大きく異なります。

 

よく利用されるマイカーローンとしてはディーラーのクレジットがありますが、この場合には通常ディーラーの担当者が身元をしっかりと確認することになっているので、在籍確認はあまり行われないことが多いものです。

 

また通常この場合には自動車の所有者がディーラーとなることが多く、事実上購入した自動車が担保として扱われる形になるので、それほど厳しい審査が行われないことが少なくありません。

 

しかし、金融機関のローンを利用して自動車を購入する場合には所有者は本人となることも多いため、金融機関と本人との間でしっかりとした信頼関係の確保が必要になります。

 

そのため金融機関によっては在籍確認を行い支払い能力の確認をすることが一般的です。

 

最近では消費者金融でもマイカーローンを取り扱うところが増えていますが、消費者金融の場合には総量規制の対象となるほか、その審査についても厳格に取り決められているので、文的には電話による在籍確認は行われるものと考えておく方が良いものです。

 

そのため、利用する金融機関の種類やその契約形態によっても在籍確認の有無やどのような形で行われるのかは異なるため、十分な注意が必要です。

 

 

 

消費者金融でカーローン使える?本人確認電話なしで自動車費用のお金借りたい

 

消費者金融は、10人に1人の割合で利用者がいると言われている程、人気を集めています。消費者金融は高い金利でお金を貸し付ける高利貸し、返済が出来なくなった時には厳しい取り立てが待っている、お店に入るのが不安、敷居が高いなどのイメージを持つ人も多いことでしょう。こうしたイメージがありながらも、消費者金融を利用する人が増えている理由の中には、即日融資が可能になることや審査が比較的柔軟に行われるなどが挙げられます。

 

即日融資は申し込みを行った当日中に審査が行われて、結果に応じて本契約を締結するとその日の内に現金が指定口座に振り込みされる、もしくは専用カードが発行されるので、カードを使ってATMから現金を引き出せるなどになります。急にお金が必要になった時など役立つ存在になってくれるのが即日融資であり、これを実現している消費者金融が多くなっているわけです。即日融資の中には審査が緩めなどの魅力もありますが、審査が緩いと言っても、一定の条件を満たしていなければ審査に通過することは出来ません。

 

しかし、勤務期間が3年以上、前年度の年収が400万円以上などのような条件がないので、一定の条件を満たしていることで多くの人々が利用出来るチャンスを与えていることになります。尚、消費者金融にはカードローンやおまとめローンなどのローン商品が用意してありますが、カードローンの場合は利用使途が原則自由、おまとめローンは他社債務の借り換え専用ローンなどの違いがあります。銀行などに用意が行われている住宅ローンを初め、マイカーローンや教育ローンなどの利用使途が決まっているローンは用意が行われていません。いずれの場合も高額融資を希望する人にとって、柔軟な審査を行って貰うことが出来るメリットがあっても、自動車購入資金に使えるマイカーローンがないのでは意味がないと感じる人もいるのではないでしょうか。

 

消費者金融には銀行とは異なった規制が設けられています。これは総量規制と呼ぶもので、貸付可能額は年収の3分の1未満であることが義務付けられているのです。仮に、年収が600万円の人の場合は、最高200万円未満になりますが、年収600万円が税込のものであれば、最高融資額は200万円よりも下がることになります。実際の収入は税金を差し引いた残りになるわけですから、600万円の税込年収は、手取りで500万円強程度になります。500万円の手取りで、年間200万円の返済を行うとなると、生活をかなり切り詰めて行かなければならない、切り詰めたとしても、出費が多い月などの場合は返済遅延を引き起こす可能性も出て来ます。

 

総量規制では3分の1未満を上限としているので、実際に借入可能になる金額は多くても500万円の3分の1の金額、約170万円が上限として申し込みをしなければ審査に通過することは難しくなるなどを把握しておくと良いでしょう。

 

マイカーローンなどの場合は、新車購入資金を初め、自動車の修理費用、車検や備品の購入資金など様々な用途で活用が出来ますし、自動車の運転免許取得費用などでも利用することが可能です。諸費者金融にはマイカーローンと言う目的を達成出来るローンを用意していませんが、カードローンを使ってキャッシングを行えば、新車購入資金などでも活用出来るわけです。

 

大手の消費者金融などの場合は、金利も低めに設定が行われていますし、ネットで完結が出来たり、無人店舗を使えばその場で専用カードを受け取ることも出来ます。ネットでの申し込みはパソコンだけでなく、スマートフォンなどの携帯端末でも行わるため、パソコンが苦手な人でも安心です。さらに、ネット申し込みは深夜の時間帯でも利用が出来る、土日や祝日などでも利用出来るメリットもあります。消費者金融の中には土日や祝日でも即日融資を行っている会社があるので比較しておきましょう。

 

申し込み時には本人確認書類と年収証明書類を用意しておきます。但し、申し込み額が50万円未満の場合などでは年収証明書の提出が不要になります。これは総量規制の中で定められているもので、申し込み額が50万円を超えた時、他社からの借入がある場合、借入総額と申し込み額の合計が100万円を超えた時には書類提出の義務付けがあるためです。

 

申し込み後には在籍確認が行われることになりますが、消費者金融の中には事前に相談することで、指定された書類を提出すれば在籍確認なしでキャッシングの利用が出来る会社もあります。例えば、工場などのラインで働いている人などの場合、電話が入っても持ち場を離れることが出来ないケースもあります。外回りが多いので会社への電話が入っても電話口に出ることが出来ないなど、本人が電話に出ることが出来ないケースもゼロではありません。相談をする時にはサポート窓口など、消費者金融毎に電話番号がサイト内に掲載してあるため、在籍確認についての相談を行えば、電話連絡なしでカードローンを利用出来る、借りたお金をマイカー購入資金に充当することも可能です。

トップへ戻る