外国人でもお金をかりられる?安心してキャッシングするならどこ

外国人でもお金をかりられる?安心してキャッシングするならどこ

外国人でもお金をかりられる?安心してキャッシングするならどこ

 

冠婚葬祭や旅行や病気・怪我など突然大きなお金が必要となることはありお金を借りる必要が出てくることはあるでしょう。同様に日本に住んでいる外国人もそういった場面に遭遇することはあります。

 

収入を持たない専業主婦でもお金を借りる手段があるように、外国人お金借りるというのも決して不可能ではありません。外国人であっても日本人と同様に銀行や消費者金融のカードローンなど使うことができるのです。

 

最近は日本の会社で働く外国人の数も増えました。そのため日本人と同じように申し込み条件さえ満たせばカードローンで借りられます。

 

銀行カードローンの場合は永住許可を受けていることが前提条件であり、その中でも実際に利用できる銀行というと限られてしまいます。しかし消費者金融のカードローンの方は銀行ほど申し込み条件は厳しくありません。永住許可を受けていなくても、外国人登録証明書・在留カードで借りることができるようなところもあるのです。

 

外国人お金借りるための条件としては3つあります。
お金に関する大切な契約をする以上、日本語の能力は必要です。

 

それも、日常会話レベルではなく契約内容をきちんと理解できて、自分で日本語で手続きできるだけの読み書き能力もないとダメです。たとえ何年も日本で暮らしており、収入面も安定していたとしても借入後のトラブルになっても困るからと申し込み自体断られることもあるでしょう。

 

日本人と同様、安定した収入があるかどうかは必要です。

 

ただの旅行で訪れているだけだったり将来帰国する予定がある人の場合、返済してもらえない可能性があるからと貸してもらえないのです。日本人であっても就業年数1年未満の人は審査に通るのが厳しいです。外国人もある程度の期間、就労しており今後も働き続けることが証明できなければ難しいでしょう。

 

就労の問題とも重なりますが、基本的には永住許可を受けている人でないと借りることはできません。

 

長く滞在できないのであれば借金したまま母国に帰る可能性もありトラブルの原因になるからです。ただ、消費者金融のカードローンなど中長期滞在者が外国人登録証明書や在留カードで借りられるという例外もあります。この場合、在留カードの期間がまだ長く残っているかどうかは見られます。

 

残り期間が短い場合、旅行で来ているのと同様にすぐに母国に帰ってしまう可能性が高いためたとえ消費者金融でも審査には通ることは難しいでしょう。

 

自動車免許やパスポートなどの本人確認用書類と合わせて提出することが必要となります。もちろん不法入国者や旅行などでの一時的来日の人はこの時点で借入が不可能となるのです。

 

貸す側の業者としては外国人が日本でいるのであれば対処可能ですが、日本から出てしまうと借金を追うのが大変です。また、言葉の壁を理由に返済を渋られても困ります。

 

そのため、日本でまだいることや、契約内容を十分理解できる能力があり、分かった上で借りていることが証明できれば外国人でもお金を借りられるのです。

 

あとは、安定した収入があり返済能力があるかどうかを証明できればよいので日本人と審査基準は同じです。日本人専業主婦でも旦那と収入を一緒にして審査を受けたり、パートやアルバイトであっても安定した収入があるということを武器に審査通過したりしています。

 

外国人だからというだけで受付を断った場合、人種差別問題に発展しては困るので表向きはどこの会社でも受付はしてくれます。特に在日の方の場合は多くの会社で融資実績を持っています。
ただ中長期在留者の場合はほとんどの会社がトラブル回避のため融資に消極的になります。もしものときに備えて、貸してくれる会社探しをしておいた方がよいでしょう。

 

外国人キャッシング審査の秘訣 パスポート以外に必要な書類とは 在籍確認はどうしたらいい

 

外国人キャッシングには、日本人と共通するキャッシング条件に加えて、身分証明を始めとしたいくつかのハードルが存在します。

 

パスポートは、身分証明における最も簡単な証明書類で、手元にあると様々な場面において便利に使えます。

 

ただ、殆どの金融会社では他の本人確認書類も受け付けているので、該当する書類を把握して用意しやすい物を選ぶ、これがスムーズなキャッシングの実現に繋がります。

 

在留カードを取得している人は、キャッシングの申し込み時に提出すると、これだけで本人確認が済む可能性があります。

 

在留カードは写真付きの本人確認書類で、しかも詳細な情報が記入されていますから、パスポートに限りなく近い価値のある身分証明証です。

 

更に、多くの金融会社で信頼性が高いと認められていますから、正規に発行された在留カードは外国人キャッシングの心強い味方です。

 

少額でも借り入れたいと思った時は、まず手軽なパスポートを持っているのが理想で、パスポートが用意できなければ在留カードの有無を確認するのが良いでしょう。

 

パスポートがなく、在留カードも持っていない場合は、外国人登録証明書も有効な身分証明書類となります。

 

こちらも公的に発行される書類なので、身分証明の有効性に説得力が得られますし、その効力に疑う余地はありません。

 

外国人登録証明書は、特別永住者証明書と名前が改まったので、これからますます書類の価値が高まると考えられます。

 

外国人キャッシングを提供する金融会社の間でも、対応は既に済んでいるはずですから、有効な書類として堂々と提出することが可能です。

 

これらの内、いずれかの身分証明書類を用意したら、次は公共料金の領収書も準備を行いましょう。

 

領収書は支払い能力を証明する書類の一つなので、電気やガス、水道などの支払いを認めてもらうのに役立ちます。

 

ただし、携帯電話の領収書は証明書類にならない恐れが存在しますから、電話料金で支払い能力を証明したい時は、固定電話の領収書を提出するのが無難です。

 

 

他には、公共放送の領収書を有効と認めている金融会社もあるので、支払い能力の証明に使えるかどうか確認するのが先決となります。

 

日本に在住する外国人にとって、印鑑の必要性も気になるものですが、幸いなことに印鑑や印鑑証書の提出が求められるケースは稀です。

 

つまり、キャッシングを希望する外国人が用意する書類のハードルはそれほど高くないので、思い立ったら案外すんなりと申し込みを始められるでしょう。

 

近年提供が盛んになっているWeb申し込みは、携帯で身分証明書の写真を撮影して提出する方式が一般的ですから、携帯電話の所有も満たすべき条件となります。

 

店頭で申し込む方法もありますが、記入書類は手書きな上に、やり取りは全て日本語で行われるので、日本語能力に不安があると難易度は一気に上昇します。

 

携帯電話の契約にも日本語は必要ですが、一度契約を結べば後々外国人キャッシングの申し込みに役立つので、金融会社の店頭契約に比べればハードルは低めです。

 

一方、申し込みが済んで審査が始まった後は、在籍確認の有無や対応方法が不安材料となり得ます。

 

外国人キャッシングの審査において、在籍確認はあると考えるのが自然ですから、確認の方法や流れをシミュレーションしておくことが大切です。

 

大抵は勤め先に電話が掛かってくるので、本人が受話器を取ったら名前を名乗り、他人が電話を受けたら呼び出しに応じるのが普通です。

 

しかし、他人に電話を怪しまれて取り次ぎが上手く行かなければ、在籍確認は失敗に終わりかねません。

 

無事に在籍確認を成功させる為には、予め勤め先の上司に相談したり、協力を得て確認の電話を待つのが理想的です。

 

これなら不安を覚える必要はありませんし、職場で堂々と電話を待って受け答えできる結果に繋がります。

 

身分証明の難易度や在籍確認のハードルは、本人の身分や支払い能力の確認の必要性故に、残念ながら高くなっています。

 

所が、生活がすっかり日本に根付いていて、国民健康保険証を取得できている人なら、ハードルは下がって外国人キャッシングが実現しやすくなります。

 

国民健康保険証を持っているということは、ちゃんとした企業に勤めていて、3ヶ月以上の在留期間があることを意味します。

 

保険料を支払っている証明にもなりますから、支払い能力の評価アップに結び付くでしょう。

 

逆に、国民健康保険証を持っていない外国人は、在留期間が3ヶ月未満に限られていると評価されかねません。

 

金融会社では、提出される身分証明書の種類によってこのように判断されますから、なるべく信頼度が高く評価される書類を用意できると安心です

 

少しでも信用を高めたり審査をスムーズに進めたいのであれば、複数の書類を揃えて店頭に出向き、申し込み書類と一緒に提出すると効果的です。

 

保証人の制度があるなら、頼れる日本人に依頼するのが信用を得るのに簡単で便利な方法となりますが、

 

近年は保証人を求められることが稀なので、外国人自身が本人の信頼性を証明する必要があります。

トップへ戻る