消費者金融の残高スライド方式とは?

消費者金融の残高スライド方式とは?

消費者金融の残高スライド方式とは?キャッシングする前に理解を深める

 

キャッシング即日融資が可能な消費者金融の返済方式は残高スライド方式が一般的なので、確認しておいてください。

 

分割払いでは12回や24回払いなど

 

まず回数を決めてから月々のお支払い額が決まります。

 

消費者金融の残高スライド方式はあなたの借入残高に応じて

 

毎月の返済額が変わるのが特徴です。

 

この残高スライド方式には

 

残高スライド元利定額リボルビング方式や

 

残高スライド元金定額リボルビング方式などいくつかの種類があります。

 

 

【残高スライド元利定額リボルビング方式】

 

元金+利息部分が借入残高に応じて段階的に変化

 

【残高スライド元金定額リボルビング方式】

 

元金部分が借入残高に応じて段階的に変変化

 

 

残高スライド元利定額リボルビング方式のほうが、返済当初の返済額が少ないので借入直後の返済は楽です。

 

 

残高スライド元金定額リボルビング方式のほうが、

 

返済当初の返済額は多いので借入直後の返済が若干金額的にきついですが、

 

お金を借りたあと、効率よく返済が進むので利息分を節約することが出来ます。

 

 

 

どちらの返済方式でも毎月の約定返済額に加えて任意の金額を自由に返済に回せます。

 

金利だけじゃなく返済方式の違いによっても利息分が変わってくるので、

 

キャッシング即日融資を受けたいときは返済方式にも着目してみてください。

 

 

残高スライド元利均等返済方式の計算式は シミュレーションが大切

 

残高スライド元利均等返済方式とは、消費者金融や銀行等のカードローンやクレジットカードを利用した場合に使われることの多い返済方式です。

 

利用残高に応じて、月々一定の金額を返済するリボルビング払いの一種となります。

 

一括で返済する場合は、当月の締め日までに借りたお金を翌月に返済するだけなので、借入した元金とかかる金利を返済するだけで済みます。

 

金利は一年分ですので、借入した期間に合わせて日割りで計算されて利息として付きます。

 

金融機関によっては初めて利用する方に限り、30日間無利息期間の特典が付けている会社もありますので、

 

一括返済をするに当たり、元金分の返済で済むこともありますし、金利を軽減するキャンペーンをしている場合は、思ったほど利息が付かないこともあるでしょう。

 

消費者金融では、一括で返済出来ない場合にリボ払いによる返済方法で月々返していくことになります。

 

クレジットカードの場合も、キャッシングの返済を一括でまとめるのが難しい場合は、リボ払いを選択することになる場合が多いです。

 

ショッピング利用の場合は、分割に変更するかリボ払いにするか決められる所もありますし、リボ払いしか選択できない場合もあるでしょう。

 

残高スライド元利均等返済方式は、リボ払いの中でも非常に難しい仕組みに思われますが、語句を分けて順番に説明すると分かりやすいです。

 

まず、残高スライドというのは、当月の締め日現在の残高に応じて、次月の返済日の支払額が決められるということです。

 

残高を一定の金額ごとに段階的に区分けし、当てはまる金額帯に含まれる利用残高に応じて、返済する金額が変動します。

 

返済をすれば、利用残高が少なくなっていくので、返済金額も減少します。

 

しかし、カードローンは利用限度額の範囲内で追加の融資が可能になるため、借入を繰り返すと利用残高が増えるため、返済金額も比例して増加することになります。

 

元利均等返済方式というのは、毎月の返済金額が借りた元金と利息を足した物となり、金額が一定になる方式のことを指します。

 

返済金額が同様の金額となるため、予め返済に必要な金額が分かることから支払計画を立てやすくなるというメリットがあります。

 

ただし、残高スライド元利均等返済方式となると、ある程度支払額が一定となっていても、決められた金額帯の中に含まれた利用残高に応じて返済金額が変わるので、ある程度予測を付けるためには、リボ払いの返済表を見て判断する必要があるでしょう。

 

毎月の支払額を軽減できるのは良いのですが、元利均等返済方式のデメリットは、支払額を一定とするために元金部分の支払いが進められないという所にあります。

 

支払金額の内訳を見てみると、支払い当初は利息の部分を先に支払うことになり、終わりの頃にならないと元金を占める部分が多くなりません。

 

また、金利が元金部分だけでなく、利用残高にもかかる複利計算のため、支払う期間が長い程、利息を含めた総支払額が非常に多くなります。

 

残高スライド元利均等返済方式の場合は、利用者が返済不能にならないよう、残高に応じて月々の支払額を必要最低限に抑えていることがあります。

 

分割払いの元利均等返済方式よりも元金への返済が進みにくいので、前倒しして支払わないと、借入額がますます増える場合があるでしょう。

 

例えば、元利均等返済方式の分割払いをした場合、予め支払い期間と回数が決められていて一定の金額を支払うので、その期間の利息が付くことになるでしょう。

 

残高スライド元利均等返済方式の場合は、そのままでは必要最低限の支払いを続けるだけですので、同じ借入でもなかなか残高が減りませんし、期間や回数が決められていないため、残高が終わるまで返済を続けることになります。

 

最終的には利息が2倍以上になるケースもあり、計画的に返済をしなくてはいけないでしょう。

 

カードローンやクレジットカードのキャッシングでまとまった金額を借りて、一括返済出来ない場合は、借入のシミュレーションを行うのが必須となります。

 

たいていの場合は、相手先の金融機関のホームページでシミュレーションができるようになっています。

 

利用額と年利を入力すれば、返済期間がどのくらいになるか、月々どのくらいの返済額になるかグラフ化されて表示されますので、借入をする前に確認することを勧めます。

 

ほとんどの会社では、元金部分の返済を進めるために、随時返済や残高一括返済を認めている所が多いので、ボーナスが支給された時などの余裕がある時に支払いをするといいでしょう。金融機関によって随時返済の方法が違いますが、たいていはATMからローンカードを使って随時返済ができます。

 

一部の金融機関では、先に連絡が必要となることもあるでしょう。

 

借入先のインターネット会員専用サイトから、随時返済の振替手続ができる所もありますし、口座引き落としで月々の返済を行う際に、増額払いを申請することも可能です。

 

インターネットバンキングができる口座を保有している場合は、ペイジー料金収納による方法で事前の返済ができる場合もあります。

 

当サイトお勧めの消費者金融

 

→ アコムカードローン

ホーム RSS購読 サイトマップ