無利息ローンでお金を借りるのはキャッシング初心者におすすめ

無利息ローンでお金を借りるのはキャッシング初心者におすすめ

無利息ローンでお金を借りるのはキャッシング初心者におすすめ

無利息ローンでお金を借りるのはキャッシング初心者におすすめ

ローンには利息があるものだと思っている人もいますが、最近は、無利息で利用できるローンが注目されています。

 

金利0%、無利息でのローンを利用したいのであれば、

 

金融会社ごとに設定された条件を満たす必要があります。

 

とくにキャッシング初心者であればなおさらです。

 

無利息でローンが可能だとなれば、

 

多少、条件が厳しくても、利用したいと思うものです。

 

無利息でお金が借りられるのであればそれに越したことはありませんので、ぜひとも使っていきたいものです。

 

どうすれば、無利息ローンの条件を満たすことができるかは、金融会社ごとに様々な条件づけが決まっているようです。

 

無利息の条件については、期間以外に制約がある場合があります。

 

初回だけという金融会社もありますし、毎月可能という金融会社もあります。

 

無利息で借りられるかどうかだけでなく、他の条件づけについても確認してから、金融会社を選択する必要があります。

 

もしも大口ローンを必要としているのであれば、最初の一回だけが無利息というところでもいいでしょう。

 

低金利で、長期的な融資を受けたほうが、無利息ローンと比較しても、返済に都合がいいと考える人もいるでしょう。

 

借り方によっては、小口の融資を何度も借りたいので、その都度無利息で借りられる金融会社のものが望ましいという方もいます。

 

無利息で融資を受けながら、必要に応じて無利息ではなくても融資を借り足して、埋め合わせをしたいと思っている人もいます。

 

新しいローンを申し込む時には、必ず審査を通過する必要が出てくるものです。

 

無利息で融資を受けたいけれど、無利息のローンは条件がきついのではないかと思っている人もいますが、案外と無利息ローンは借りやすくやりつつあります。

無利息ローンのメリットについて

無利息ローンでお金を借りるのはキャッシング初心者におすすめ

最近人気の無利息ローンは、どんな長所があり、どういった構造になっているのでしょうか。

 

一定期間内を無利息で借り入れができるという場合、

 

期間をオーバーしたら、そのローンの返済条件はどのように変化するものなのでしょう。

 

また、無利息ローンとは、同じ条件で何回も繰り返し利用できるものなのでしょうか。

 

無利息ローンをお得になるように使うには、何を注意すればいいのでしょう。

 

入金日がはっきりしている日の手前などで、ほんの数日を保たせるためだけに、つなぎのお金がいるという時には、無利息ローンが役に立つことでしょう。

 

また、無利息の条件期間内にお金を返すことができなかったという時は、その場合用に決めてあった金利に基づいて利息がつきます。

 

金融会社は、利息がつけて返済をしてもらうことで、経営を成り立たせています。

 

そのため、無利息の条件を逸脱したからといっても、そのこと自体がマイナスの評価になることはありません。

 

繰り返し利用できる無利息ローンを使っている場合、何度も使っていて、トラブルになったりするのでしょうか。

 

金融会社によって無利息ローンの条件は色々ですが、繰り返し利用できるところで、

 

無利息ローンを繰り返し使っていたとしても、特段に問題にはならないようです。

 

ローン会社からすれば、無利息ローンしか利用しない客は、手間がかかるばかりで、儲けに結びつく客にならないとはいえるでしょう。

 

今までローンを使ったことがないという人や、利息がつくことが怖いと思っている人には、無利息ローンは使いやすい存在といえます。

 

短期の融資を受けたいと思っている人がいるならば、

 

ぜひ1度、無利息ローンを利用してみてはどうでしょう。

無利息ローンを利用する際の条件について

無利息ローンは、繰り返し使っても特に問題はないと言われていますが、

 

好きなときに好きなだけ借りることは可能なのでしょうか。

 

以前は、無利息ローンの利用は何回でもできるところがたくさんありましたが、

 

近年では一カ月に一回だけと取り決めているところもあります。

 

なぜ、最初のころと比べて、無利息ローンに使用回数が加わったり、

 

条件の見直しが行われるようなことになったのでしょうか。

 

無利息で1週間の融資ができるという仕組みを使って、

 

複数の無利息ローンを借り、交互に返済するという方法を採用することで、低金利で融資を受ける人がいたためです。

 

具体的な方法としては、まず、あるローン会社から融資を受けます。

 

次いで、別のローン会社から、無利息ローンを利用します。

 

その金融機関から借りたお金を使って、ローンの返済を行います。

 

無利息ローンの期間中は、無利息なままに放置をします。

 

無利息に設定されているローンの期間が終わる時に、

 

最初に借りていた金融会社から融資を受け、そのお金で無利息ローンの返済をするというやり方です。

 

この順番でお金を動かせば、少ない利息で融資を受けることができるわけです。

 

2社、3社のローン会社の条件を見比べたり、期日を見計らってお金を右から左に移動させる必要がありますが、

 

この方法を使えば、融資の利息を減らすことが可能になるわけです。

 

実質的に、一週間の融資を、1日分の融資で利用することができるようになるという形になります。

 

無利息ローンを扱っている金融会社が、一カ月に1度までという決まりをつくったのは、

 

このテクニックを活用して利息を減らそうとする人が増えたためにほかなりません。

 

現在は、この方法を活用して利息を大幅に減らすことは難しくなってしまいましたが、

 

無利息ローン自体は未だに活用できるものです。

 

条件が厳しくなっているといっても、無利息ローンを使うことには利点もたくさんありますので、うまく使っていきましょう。

 

 

キャッシング無利息サービスを利用するには?はじめてのキャッシングの人しか使えない?

 

大手消費者金融では、はじめてキャッシングを利用する人に対して契約日または初回キャッシングの日からスタートして、一定期間にわたり無利息で借り入れが利用できる無利息サービスを実施しています。無利息期間として30日間が設定されているケースが多いのですが、会社によってはキャッシング金額が少ない場合にのみ最長で180日にわたり、無利息サービスが利用できるケースがあります。逆に無利息期間が短いかわりに、初回だけでなくて何度も無利息キャッシングが利用できる会社もあります。会社によってサービスの内容はさまざまです。

 

はじめてキャッシングをした時にのみ無利息サービスが利用できる大手消費者金融は、アコム・アイフルの2社です。銀行カードローンであれば、ジャパンネット銀行と新生銀行レイクの2社です。

 

これらの会社では、初回利用時にのみ無利息キャッシングが利用できます。アコム・アイフル・ジャパンネット銀行の無利息期間は30日間です。新生銀行レイクでは借入金額が5万円以上30万円以下の場合は他社と同じように30日間ですが、無利息キャッシングの適用金額が5万円以下を選択した場合には180日にすることもできます。

 

レイクの無利息期間については、申込の際に選ぶことができます。アコム・アイフル・レイクの無利息期間の開始日ですが、契約日の翌日からスタートします。このため、もしも契約後にすぐにローンを利用しなくても無利息期間のカウントが始まってしまいます。これに対してジャパンネット銀行カードローンでは初回のキャッシング日から無利息期間がスタートします。このため、すぐに契約してからすぐにキャッシングを利用しない場合でもジャパンネット銀行は30日分の無利息サービスが利用できます。

 

初回だけでなく、カードローンの契約後であっても無利息でキャッシングが利用できる消費者金融もあります。初回以外にも無利息でキャッシングができる会社は、プロミスとノーローンの2社です。プロミスの場合は、初回キャッシングの翌日から起算して30日間が無利息期間になります。これに対してノーローンの方は、初回のキャッシングの翌日から7日間(1週間)が無利息となります。

 

ノーローンではキャッシングを完済してローン残高がゼロになった後に再度キャッシングを利用した場合にも、7日分の利息が無料になります。ノーローンでは無利息期間が1週間と短めに設定されていますが、実質的に何度でも7日分の無利息キャッシングが利用できることになります。

 

注意点として、ノーローンで無利息サービスが適用されるためには一旦完済した後に再度キャッシングを利用する必要があり、残高がある状態で追加でキャッシングを利用する場合には無利息になりません。完済回数に応じて7日分の無利息キャッシングが適用されることになるため、ノーローンは5回以上完済をするだけで合計35日分が無利息となり、他社で初回限定で30日間無利息期間が適用されるよりもお得です。

 

プロミスの方はポイント制が導入されていて、貯まったポイントを使用することで無利息キャッシングを選択することができるようになっています。

 

プロミスではポイントサービスの申込(100pt)、インターネットサービスに登録(10pt)、収入証明書類の提出(160pt)、プロミスからのお知らせメールの確認(5〜20pt)、取引確認メールの受信・パソコンまたは携帯で書類の受取(1pt)などを行うとプロミスポイントが付与されます。

 

貯まったプロミスポイントを利用すれば、提携金融機関のATM手数料無料サービスや、無利息キャッシングを選択することができます。プロミスポイントに応じて、無利息期間を選ぶことができます。250ポイントであれば7日間、400ポイントであれば15日間、700ポイントであれば30日間の無利息キャッシングが利用できます。

 

例えばプロミスのカードローンの契約を行う際にポイントサービスとインターネットサービスに登録して、収入証明書類を提出するだけで合計270ポイントが付与されます。

 

インターネットサービスでお知らせメールを確認したり、取引確認メールを受信するだけで数十ポイントをもらうことができます。

 

カードローンに申し込みをした直後でも、既に7日分の無利息キャッシングが利用できるポイントがもらえます。

 

長期間にわたりプロミスを利用し続けるとお知らせや取引確認メールを受け取ることができるので、この間にもポイントが貯まります。プロミスでは貯まったポイントを活用することで、初回以外にも何度でも無利息キャッシングが利用できます。

 

ノーローンとプロミスの無利息サービスは、長期間にわたり利用することで、他社で初回限定の無利息キャッシングを利用するよりもお得になる仕組みになっています。特にノーローンでは完済してローン残高がゼロになる度に無利息キャッシングが適用されるので、長期的に見るとかなりお得です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ