Mr.カードローンで収入証明書なしで家のリフォーム

Mr.カードローンで収入証明書なしで家のリフォーム

Mr.カードローンで収入証明書なしで家のリフォーム

まとまったお金が必要な時に頼りになるのが住信SBIネット銀行のMr.カードローンです。

 

素早く簡単な手続きで、まとまったお金を貸してくれます。

 

私は38歳の男性です。家のリフォームを考えていました。家の新築ほどお金はかかりませんが、それでも300万円の費用が必要になりました。

 

まとまったお金がなかったので、Mr.カードローンを利用することにしました。

 

Mr.カードローンは収入証明書を提出することは、原則としていりません。

 

借り入れ金額が300万円以下の人は収入証明書を提出する手間がいらないので、手軽に借りられます。収入証明書は不要だと楽だと思いました。

 

Mr.カードローンは金利の面でも魅力です。インターネット銀行ならではの低金利です。

 

私の場合は5.0%と、消費者金融よりも安い金額で、300万円を借り入れることができました。これだけ金利が低いと、手軽にお金を借りる気も起こります。

 

無事に我が家のリフォームが終わりました。まとまったお金を貸してくれた住信SBIネット銀行のMr.カードローンには感謝しています。

 

まとまったお金が必要になった時には、使いやすいMr.カードローンをまた利用しようと思います。カードローンの中では使いやすさはい一番だと確信しました。

Mr.カードローンとプライバシー配慮

金融会社からの融資を考えている方によっては、借り入れている事を家族に知られたくないと考えている事があります。人によっては、ちょっとご家族に内緒で借りている方もいらっしゃるのですね。

 

そして金融会社によっては、明細書を郵送している事があります。それが家族に見られてしまうのは、ちょっと困る方もいらっしゃる訳です。

 

しかしそれも金融会社次第ですね。会社によっては、それを郵送しない事もあるのです。その1つが住信SBIネット銀行です。

 

この銀行によるMr.カードローンという商品の場合、基本的にご自宅に何か送られる事はまず無いです。ネット銀行ですし、ほとんど全ての手続きがインターネット完結型になっているからです。

 

したがって利用明細なども、ネット上で確認する事ができます。ですのでプライバシーを守りたいと考えている方にとっては、この銀行の商品はメリットが大きいと言えるでしょう。

 

また郵送物だけでなく、電話確認も同様です。この銀行で申し込みをすると、電話はかかってきます。

 

そして電話の時に銀行名が名乗られるのは少々心配と考えている方もいらっしゃいますが、住信SBIネット銀行の場合はオペレーターの個人名になります。

 

このように申込者や利用者の秘密などに配慮してくれているのが、この銀行の特徴ですね。

 

 

ミスターカードローンの審査基準 在籍確認は職場に電話来る?

 

Mrカードローンは住信SBIネット銀行が取り扱っているカードローンです。このネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資した銀行であり、実店舗を持たない形態をとっています。金利が1.99%から7.99%となっていてこれは低めの水準と言えます。そのため、ここのカードローンを利用したいと考える方は少なくありません。

 

そこで審査を通るためのポイントになるのが過去の借り入れです。カードローンを新たに利用する上で過去の借り入れが重要になるのは定番であり、このこと自体に別段特別なことではないようにも思われます。

 

このMrカードローンは三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資している関係上、これらの2社に関するお金のやり取りが1つのポイントになっています。逆にいうとこの2社とのお金のやり取りを行ったことがない方、お金のやり取りを行ったが問題がなかった方はそれほど気にする必要がありません。しかし、金融機関同士でクレジットスコアの情報を共有しているということもあるので、これまでの借り入れで何らかの問題があった場合は解決してから申し込むことをおすすめします。

 

Mrミスターカードローンの審査の通りやすさを考える上でカードローンの種類が重要となります。カードローンには銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンという3つの種類があります。

 

Mrカードローンはこの中の銀行系カードローンにあたります。基本的には銀行系カードローンが最も審査が厳しく、消費者金融系のカードローンが最も審査が簡単とされています。ところが、だからといって銀行系が最も利用しにくいのかというとそうではありません。

 

銀行系カードローンは金利が低く、審査が多少厳しくても通る利点があります。先ほどの審査の通りやすさと金利の高さは基本的に比例します。つまり、審査に通りやすいカードローンは傾向的に金利が高い可能性が大きいと言えます。Mrカードローンもその例に漏れず、金利が低く設定されたカードローンです。審査自体はそれほど簡単ではありませんが、利用できるようになれば大きな利点が得られるカードローンと言えます。

 

カードローンの審査においては現在利用しているローンの数や金額も重要となります。例えば既に他社に100万円のカードローンを契約している場合は100万園のローンを組んでいると見なされます。これはこの100万円のカードローンを使用していなくても基本的に同じです。

 

100万円の借り入れをいつでも行える状況にあるということが審査に影響を与えます。そのため、使用していないクレジットカードがあって、今後も使用しないことが確実というケースにおいては事前に解約しておいた方が審査には有利になります。他のローンとしては自動車ローン、住宅ローン、スマートフォンのローンなどもローンの総額にカウントされることがあります。

 

スマートフォンのローンは使用料金と同時に引き起こされていることから、ローンという感覚が少ないかもしれませんがローンと見なされます。これらの情報を含めた金融に関する個人の全般的な情報を個人信用情報と呼び、金融機関同士で共有されています。そのため、他社で借り入れている場合も新規の借り入れに影響があるということです。

 

カードローンを利用する上では収入が審査の大きなポイントとなります。ローン会社は返済がしっかりと行われるかをチェックしているので、収入と職業を融資の可否を決める要素として重視しています。

 

また、審査に通るにしても限度額には審査結果が反映されます。審査を円滑にクリアできればその分高い限度額でカードローンを利用させてくれる可能性が高いと言えます。

 

収入の額もポイントですが、安定性も重視されます。安定的に収入を得続けていると審査に通りやすくなっていきます。Mrカードローンでは本人確認のために職場へと連絡を行います。これは在籍確認であり、他の個人情報を得るというものではありません。ただし、在籍の確認が取れなかった場合はカードローンの申し込みを取り下げられる恐れもあります。

 

そのため、カードローンの審査においては在籍確認は重要なポイントと言えます。

 

一般にカードローンの審査突破しやすい職業とされているのが国家公務員、弁護士や医師、一部上場企業の社員といった方々です。しかし、審査を高い基準でクリアする上ではこれらの職業の方々が有利ですが、実際にカードローンを利用するにあたってここまで安定した収入が必要というわけではありません。

 

これまでの借り入れに別段の問題がなく、月にある程度安定した収入があれば審査に通る可能性が高いと言えます。ただ、審査にあたって様々な書類の提出や入力があるので、不備がないようにしておく必要があります。Mrミスターカードローンは仮審査と本審査の二段階構成となっています。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ