新生銀行レイクカードローンの審査基準 在籍確認をチェック

新生銀行レイクカードローンの審査基準 在籍確認をチェック

新生銀行カードローン レイク

 

新生銀行レイクは、CMや雑誌の広告などで評判です。

 

キャッシングの際、レイクのオペレーターの評判もとても良く

 

初めてキャッシング利用で無利息サービスがあるというのも話題!

 

※30日間無利息もしくは5万円まで180日間無利息

 

レイクは信用できる金融機関です。

 

レイクの融資額 : 1万円から500万円
貸付利率:4.5%から18.0%(実質年率)
返済方式:残高スライドリボルビングまたは元利定額リボルビング
遅延損害金(年率):20%

 

新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込を停止いたします。
この情報は3月13日時点のものを記載しております。

 

新生銀行レイクALSAのキャッシングは180日無利息サービス可能!?低金利で即日お金借りたい

 

新生銀行レイクALSAのキャッシングは180日無利息サービス可能というサービスがあります。これは初めての方の利用に限るという条件があるのですが、これに当てはまるのであれば利用することが出来ます。ただこの無利息というのは5万円という条件があることも知っておく必要があります。

 

借り入れはもっと多く出来て200万円まで出来るのですが、その中で5万円については利息が180日間つかないというモノになっているという事です。ですから、借り入れが5万円以内であれば、利息はつかないで利用することが出来るというサービスになっているという事です。ですから180日間という条件と初めての方という条件、そして5万円までという事は知っておいたほうが良いでしょう。

 

また、こちらでは同じように低金利のサービスとして30日以内は無利息というモノもあります。これについても初めての方の限定という条件があるのですが、これをクリアできるのであれば借り入れ出来る金額は500万円まで上がる事になります。低金利でお金を借りたいという人であればまず検討すべき事という事になるのかもしれません。

 

即日でという事になると、これは難しいようで新生銀行レイクALSAは審査に2段階の過程をかけているようで、これには最低でも2営業日かかるという事が言われています。これについては、申し込む金額などによっても変わるでしょうし、利用する人によっても変わることが考えられますから、聞いてみるより他ありません。即日では出来ない可能性があるという事は考えておいた方が良いでしょう。

 

いずれにしても金利負担が安くなる方法でお金を借りるという事は、利用者にとってはとても大切な事なので、お金を借りる時にはまず考えなければならない事という事になります。これは返済シミュレーションをすればすぐに分る事ですが、金利負担というのはとんでもなく重いものとなるという事を自覚する必要があるという事です。例えば年利10%で100万円を借りるケースと1%で借りるケースを考えてみましょう。

 

10%であれば年間で10万円の負担という事になりますから、これはかなり大きい負担と考えて良いでしょう。何しろお金が無いのでお金を借りている人がさらに10万円を負担するというわけですから、これが少ないわけがありません。

 

では1%であればどうなのかというと1万円の負担という事になりますから、先の10%の10分の1で済んでしまいます。これがお金がない人にとってどれだけ違うのかという事がわかるはずです。

 

こうした事が明確に分かるのは返済シュミレーションをしたからです。金融機関からお金を借りる時には計画的にという事がテレビのコマーシャルでも言われていますが、それはこうした事実を明確に知って自分が返済できる事が確実に分かっている時にだけ利用をすることを考えるようにするためです。

 

返済できないのに、若しくは返済できるあてもないのに人さまからお金を借りてはいけません。それは泥棒と同じとなってしまいます、自分に返済能力があるのかどうかはこうしたシュミレーションをしなければ明確に分かりませんから、確実に返済をするためにもこのシュミレーションは何より大切だと考えなければなりません。

 

この計算をすると金利負担というモノが如何に大きなものとなっているのかが理解できるはずです。年間で10万円と1万円の差は圧倒的に違うということが言えるでしょう。ここで注意が必要なのは、返済を日割りにしたり、月割りにして誤魔化さないようにする事です。年間で9万円の差ということは、1日にすると300円ぐらいの差なので、コーヒー一杯分ぐらいだというような計算をする人がいます。1日コーヒー一杯を我慢すればこれぐらい差は何でもないという事を考えるわけですが、そのような事に意味はありません。

 

これは負担を軽く見せる数字のマジック以外の何物でもありません。人は継続というモノが一番苦手で、何かを続けるという事はとんでもなく大変なのです。ですから、この計算では一番人が苦手な続ける事が出来るという前提がありません。

 

その事は一番問題だという事になります。ですから、返済計画を考えている時には、数字を日割りや月割りにして誤魔化すことが無いようにしましょう。すると金利負担というものがいかに大きな意味を持つのかという事が分かります。となれば、新生銀行レイクALSAの無金利サービスというものが如何に凄いサービスなのかという事も理解できるという事にもなるでしょう。

 

まず最初に検討すべきサービスだという事になる事は間違いありません。ただその時でも条件がある事は忘れてはなりません。180日や初めての利用者のみのサービス、5万円までというようなことがある事は全部理解しておいて、それらの条件に全て入るのかどうかという事を考えて、そして元金を含めて返済をすることが出来るという事を確認して利用する決断をする必要があります。

 

新生銀行レイクカードローンの審査基準 在籍確認をチェック

 

新生銀行レイクはカードローン会社であり、お金を借りることができるようになっています。

 

そのためには審査を受ける必要があり、その審査を突破することで、いつでもどこでも必要な分を借りることができます。

 

新生銀行レイク専用の機械でなくとも、コンビニのATMでもお金を借りられることがメリットの1つでしょう。

 

新生銀行レイクの審査を受ける際、無人機を使います。

 

何より、人の目につくところには設置されておらず、人の出入りの少ないビルや通りに設置されているので、安心して審査を受けに行くことができます。

 

審査を受ける際、画面に情報を入力しなければなりませんが、分からない点があった場合、設置されている電話を使えば問題解決することができます。

 

また、放送案内してくれるので、問題なく作業を進められます。

 

新生銀行レイクの審査は高いハードルにはなっておらず、個人情報を正確に入力し、身分証明書を提示する、勤務先を伝える、年収を伝える、これらを普通に実行すれば、

 

カードローンの審査は終了します。

 

身分証明書の提示は、専用のコピー機器に読み取らせれば良いです。

 

勤務先を伝えると、確認のために電話することが伝えられます。

 

この電話は確認のためであり、お金を借りるために審査を受けていること、誰が審査を受けているのかを伝えるためのものではないので、心配する必要はありません。

 

ここで重要になることは、希望する金額が借りられるかどうかです。

 

基本的に審査次第ですが、希望している借入金額を設定してくれるかどうかは分かりません。

 

これは、利用目的や年収によって決定するので、交渉するといった行為は避けましょう。

 

借入金額に対して、返済する能力が備わっているかどうかで決まるものなので、確実に希望する金額が設定されるわけではありません。

 

また、クレジットカードや別のカードローン会社の利用状況において、ペナルティーを受けたことがある、何度も遅延及び滞納したことがあれば、審査に落ちることがあります。

 

隠し通しても、信用機関にそういった情報が保管されているので、場合によっては審査を諦めなければならないでしょう。

 

逆に支払いや返済を問題なくこなしていれば、良い評価を得ることができ、希望以上の借入金額が設定されることもあります。

 

ただし、希望している借入金額が高額である場合は、源泉徴収票の提示が求められます。

 

年収が正しいかどうかを知らなければ貸し出せないルールとなっているので、高額であるか判断できない場合でも、必ず持参して審査を受けに行くことがオススメです。

 

持っていない場合は、再度審査を受けに来るよう指摘される可能性があるので注意です。

 

あるいは、希望する借入金額より、はるかに低い金額が設定されてしまい、必要分を確保できなくなります。

 

しっかり提示すれば、信頼度が高くなり、希望する借入金額以上を期待することができます。

 

 

新生銀行レイクカードローンは無利息で借りれる?30日無利息情報

 

一般にキャッシングやカードローンでお金を借りようと思う場合、借入金に対して利息がかかるのが当然です。

 

そのため、実際にお金を借りる際には、できるだけ金利の低いところで借りたいと思うものです。

 

では、無利息サービスを提供しているカードローンはあるのでしょうか。

 

ここでは、新生銀行レイクカードローンについて取り上げてみましょう。

 

基本的に言って、新生銀行レイクカードローンでは、無利息サービスを提供しています。

 

さらに嬉しいことに、レイクの無利息サービスには二つの種類があり、どちらかを選ぶことができるようになっているのです。

 

一つの種類は、五万円以下の借り入れで180日間無利息が適用されるというものです。

 

もう一つの種類は、借入金が五万円以上の場合に、180日間無利息か30日間無利息かを選ぶことができるというものです。

 

特にここでは、30日間の無利息サービス情報についてご紹介しましょう。上述しましたように、借入金が五万円以上になる場合に限り、30日間の無利息を選ぶことができます。

 

一般的に言って、金利は借り入れるお金の金額に応じて変わってくるものです。

 

普通はたくさん借りれば借りるほど、支払わなければならない利息も増えていくというものです。そこで、30日間の無利息サービスを利用することができるなら、それだけお得にお金が借りられると言えるでしょう。

 

それで、お金をたくさん借りたい場合、そして30日以内に返済できるとの見込みがある場合には、新生銀行レイクカードローンの30日無利息サービスを選ぶことができるでしょう。

 

このように30日以内に返済する場合は、無利息となるため元金の返済のみで済みます。その場合、余分に利息を支払う必要がないため、借り手にとってはたいへん大きなメリットがある方法であると言えます。

 

また仮に、30日以内に返済できず30日を越えてしまったとしても、最初の30日間は無利息となるためやはりお得と言えるでしょう。

 

借り入れる金額が大きければ大きいほど、30日無利息サービスを選ぶとよいと言われる理由はまさにここにあると言えるでしょう。

 

 

しかし、新生銀行レイクカードローンを利用してお金を借りたいと考えている方の中には、レイクの無利息とは果たして本当のことなのだろうかと心配している方もいると言われています。

 

そのように心配する理由としては、公式サイトに明記されているある表現を見落としている場合があるのかもしれません。

 

その表現とは「はじめての方限定」もしくは「一定期間」といった表現です。

 

つまり、はじめての方で、無利息サービスのキャンペーンを実施している「一定の期間」契約した場合、30日無利息サービスが受けられるということを意味しているのです。

 

実際、新生銀行レイクカードローンを申し込んだ方の中には、無利息キャンペーンが行なわれていない期間に契約し借り入れを行なったために、

 

無利息サービスが適用されなかったというケースがあるでしょう。

 

それで、契約の前にはしっかりと確認することが勧められています。

 

レイクは即日融資ができなくなり、在籍確認も必ず行われるようになりました。

 

 

新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込を停止いたします。
この情報は3月13日時点のものを記載しております。

 

 

 

トップへ戻る