質屋でお金を借りるときの質預かり 3万円お金借りたい

質屋でお金を借りるときの質預かり 3万円お金借りたい

質屋でお金を借りるときの質預かり 3万円お金借りたい

 

キャッシングで3万円を借りたいけれども、申し込みをするのが面倒だったり、審査に不安を感じている人など躊躇してしまうケースもあるのではないでしょうか。最近は即日融資を可能にする消費者金融も多くなっていますし、申し込みはネットでも出来るので、気軽にキャッシングの利用が出来る便利な時代です。お金の借り方には色々な方法がありますが、大半の人が思いつくのは、消費者金融や銀行のカードローンではないでしょうか。

 

カードローンってどんなローンなのか、知らない人も多いのではないでしょうか。保証人や担保が要らない、利用限度枠の中で繰り返し融資を受けることが出来る、お金の使い道は原則自由などの特徴を持ちます。お金を借りる時の担保は返済が出来なくなった際に債務を回収するための保険であり、不動産などが担保になるものが多いのですが、カードローンではこうした担保を用意しなくても融資を受けることが出来ます。

 

保証人についても連帯保証人を立てる必要がないので、身内などに頼む必要がない、担保および保証人が要らないので申し込みから融資実行までがスピーディーに行われる利点もあります。利用限度枠内で繰り返し融資を受けることが出来る点は、カードローンの最大の特徴ですが、全額使い切ってしまえば融資を受けることは出来ません。あくまでも返済をしっかりと行って利用額を元の金額に戻した分だけ融資を受けられる仕組みを持つわけです。お金の使い道が自由になるのは、カードローンの魅力の一つ、買い物・引越し・エステ費用・楽器や電化製品の購入資金・飲み代や旅行費用・車の購入資金や車検費用など、事業資金を除けば何でも利用が出来ます。

 

融資が可能になるための条件には安定継続収入が必須です。しかしながら、アルバイトやパート職の人も申し込みが出来るのもカードローンの魅力になっており、利用者数は年々増加していると言われています。

 

ちなみに、審査に落ちてしまう人の中には他社からの借入があり、返済遅延の経験を持つ、過去の借金で債務整理をした経験を持つなどが多いようです。今まで借金をしたことがない、返済計画をしっかりと立てて必要額を借入れる場合には、大半の場合が審査に通過することは可能です。しかし、人によってはカードローンを利用するのではなく、他の方法でお金を借りことが出来ないのか、キャッシングの方法はないのか、出来れば消費者金融や銀行以外から調達する方法を選びたいケースもあるのではないでしょうか。

 

質屋は金貸し業を行うお店のことで、質預かりと呼ぶ方法でお金を貸して貰うことが出来ます。最近の質屋は従来のような暗いイメージもなく、買い取りを積極に行うフランチャイズ店も登場しており、利用されている人も少なくありません。モノにはそれぞれ価値がある、その価値を最大限に引き出す能力を持つのが質屋の鑑定士です。質預かりはモノを担保にしてお金を貸す商売ですから、モノの価値を熟知しておかなければ返済が出来なくなった時の債務の回収も困難なものとなりかねません。もし、これを流通させるとしたら幾らで売ることが出来るのか、こうしたことを正確に把握しておかなければ債務者が残した品物を流通させて貸し出したお金の回収が出来なくなります。それ故に、お金を借りに来た人が持って来た品物をしっかりと吟味して、この金額であれば売却が出来るため、その価格に近い金額で融資を行う、これが質預かりの特徴です。

 

ちなみに、質預かりはお金を返せなくなると質流しになります。質流しは債務の回収方法のことを意味しており、お店の中で預かっている商品を販売する、もしくは流通させて売却することを意味します。質流しを防ぐためには期日までの元金と利息を合わせて返済すること、全額完済すれば預けている品物は手元に戻ります。尚、3万円がどうしてもすぐに必要な時、消費者金融や銀行などのカードローンを申し込めば数時間後には融資を受けられるチャンスはありますが、申し込みを行ったり、在籍確認の電話連絡を受けたり、契約書を作成する・必要書類を用意するなど、色々なことをしなければなりませんので面倒に感じる人も多いのです。

 

質屋の場合は、お店に直接品物を持ち込めば、その場で鑑定士が価値に見合う金額を提示、その金額で了承出来る場合には、即決で融資を受けることが出来ます。手続き自体が簡単なので面倒に感じる人にとって魅力的なキャッシング方法と言えましょう。仮に、預ける品物が不要なものなどの場合は、質預かりではなく買い取りして貰う方法もあるなど、選択肢があるのも質屋の魅力です。尚、質屋を利用される時、お金を借りる、もしくは買い取りして貰う時には身分証明書の提示が必須です。これは古物商許可を得て営業を行っている関係からも、自動車の運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどのような書類を提示しなければならない決まりになっていますので、利用される時には必ず携帯するようにしましょう。

トップへ戻る