きらケアは勤務先に在籍確認あり?電話連絡なし即日融資可能?

きらケアは勤務先に在籍確認あり?電話連絡なし即日融資可能?

きらケアは勤務先に在籍確認あり?電話連絡なし即日融資可能?

 

きらケア在籍確認

最近では勤務形態も多様化しており、従来からのパートやアルバイトのような定番だけではなく、派遣社員として活躍する人たちも目立ってきています。

 

たとえばわが国が少子高齢化するなかで人材不足が叫ばれている介護の世界などは、外国人の人材の活用さえも実際に進んでいるところであり、日本人の介護スタッフに関しても、この業界専門の派遣会社がいくつか設立されています。

 

きらケアは介護職に特化した求人情報や施設情報を紹介するサービスですが、人材派遣に関しても専任のスタッフのもとで本人の適性にあわせた派遣先をマッチングし、キャリア相談などのアフターフォローも手厚いことで知られます。

 

きらケアの場合には介護職員初任者研修や社会福祉士、ケアマネジャーなどの資格をすでに持っている人はもちろんのこと、資格が現在はない人であっても介護の仕事をこころざしている人であれば、積極的に派遣契約を結んで適切な派遣先をあっせんしているところが特徴的です。

 

このような派遣社員の身分であったとしても、給料の水準は以前に比べれば改善していますので、日々の生活には支障はないはずですが、突然にお金が必要となるシーンもあるはずです。

 

たとえば冠婚葬祭はこちらの金銭事情にかかわらなく発生するものですので、祝儀や香典のための予算をあらかじめ組んでおくことさえできません。

 

そこでキャッシングやカードローンのように、手軽にお金が借りられる手段を確保しておく方法が有効です。

 

キャッシングやカードローンは銀行や信用金庫などの金融機関のほか、消費者金融や信販会社でもサービスを提供していますので、身近なところで手続きができます。

 

場合によってはパソコンやスマートフォンを使ってインターネット経由で手続きができ、来店不要を宣伝しているところもあります。

 

そのほかにも無人の自動契約機を設置しているボックスが人通りが多い街路や駅前、道路沿いなどにオープンしていることがありますので、自動であれば営業時間もかなり長く、仕事帰りの遅い時間帯であっても申し込みができるところが優れています。

 

もっとも派遣社員の場合にはかならずしもこのようなキャッシングやカードローンの申し込みがスムーズにはいかないおそれがあることも留意すべきです。

 

キャッシングなどの申し込みにはいくつかの条件が付与されているのが普通ですが、多くは20歳以上などの年齢と返済能力についての内容となっています。

 

年齢については形式的に満たしているかどうかは誰の目にも明らかですので問題はないはずですが、返済能力については見方によって相当の違いが生じることがあります。

 

たとえば正社員以外の勤務形態のパート、アルバイトや派遣社員を一律に認めておらず、申し込みができないとしている銀行などもないわけではありません。

 

このようなケースでは最初から派遣社員などでも借り入れができることをアピールしている銀行や消費者金融などに申し込むことが得策です。

 

それとともに最初の勤務形態についての条件はクリアできたとしても、その後の審査の段階でやってくる在籍確認の電話のほうにも支障が生じることがあります。

 

返済能力というのは申し込みをした本人が定職を持っていて確実に毎月の給料が支払われている状態であることがひとつのポイントになります.

 

保証会社のスタッフなどから在籍確認の電話を勤務先にかけて、実在がわかったことをもって返済能力の証拠にすることがよく行われています。

 

派遣社員の場合は正社員とは違って、実際に勤務している介護施設や居宅介護支援事業所などにはあくまでも指揮命令関係があるに過ぎず、雇用契約関係そのものは派遣元の会社との間にあります。

 

そこでキャッシングなどの申し込みの際に書面上にあらわれている勤務先も派遣会社となりますので、在籍確認の電話は必然的に派遣会社が受けるのが通例です。

 

派遣会社のオフィスにはもちろん申し込みをした本人はいませんので、本人がこの電話を受けることはできませんし、派遣会社のほうでも代理で電話を受けて登録社員の個人情報を漏らすようなこともありませんので、確認が失敗するのは目に見えています。

 

このように在籍確認に失敗した場合、年収などの他の基準は書類上はクリアしていたとしても、その証拠が得られないために審査落ちします。

 

審査落ちを避けるためにはやはり在籍確認の電話が必要ないところにキャッシングなどの申し込みをしておくことが重要です。

 

なかなか条件にあてはまるところは少ないものの、指定された銀行の預金口座が開設されていて、しかもインターネットからパソコンやスマートフォンでの申し込みができる、いわゆるウェブ完結型のしくみを採用しているところであれば、在籍確認の電話が不要ということもあります。

 

ホームページやパンフレットなどに書かれている注意事項をよく読んだ上で、このようなしくみのところを確実に選択することが求められます。

トップへ戻る